リトロ 西洋占星術・タロット  

西洋占星術とタロットで、あなた思いを照らします。

litro.litro.abc@gmail.com
06月

最後の数パーセント

仕事運についてですが、たとえば

始めるのに良い時期かなーと思って確認すると、
いつやってもいい時期だったりします。

時期や、合う合わないは、極端に自分の感覚を押しころして
ない限り、なんとなく自分で察知できるものだと、
皆さん経験を通じてなんとなく感じてらっしゃるのではないでしょうか。

前職は営業職でしたが、
まだ山のモノとも海のモノとも分からない流れについて、
どうなっていくいか、予想を聞かれたりしました。
そのときは冗談ではなく、
「占い師じゃないから、今の時点でわかりませんよお」
と逃げ出したい気持ちで根拠を集めていました。

99%までは手に入る情報を収集したうえで、
占いとは程遠いことを占いに投影して、
エイっと決めるときに占いで方向性を確かめていました。

そのときは、
目の前にある情報を誤って判断していないか、
情報の中に、まだ変わる可能性がある情報が混ざっているか
本当にリハーサルするような気持ちで占っていました。
占いについては、オープンにできる環境にはなかったのですが、
プロになってもつくづく、日常的に先を読むことを迫られている人は
職種問わず多いのではと思っています。

いつもその頃の肝を冷やす毎日を、鑑定の度に思い出して、
臨んでいます。

どんな職業も楽ではないですが、
選択肢を自分が手ばなさない限り、責任と引き合えに、
本当に実現したい未来はやってくると信じることができる。

これは、職業人生のなかで、私を支える思いかも知れません。